株主代表訴訟とは?
(Derivative Action, Shareholder's Lawsuit)



株主が会社に代わって取締役や監査役に対して法的責任を追及するために提訴する訴訟のことで、商法第267条に規定されている。会社が取締役の責任を追求する場合は、本来は監査役がその役割を担うが、会社内部でのなれ合い等によって正しく追求されないケースを想定して、株主でも取締役の背金を追求する訴訟を提起できるようにしたもの。訴訟によって損害賠償請求が認められたとしても賠償金を受け取るのは会社であって、原告となる株主ではない。また、訴訟費用は会社に請求できる。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.