相対取引とは?



売り手と買い手が1対1で売買する相対売買のこと。証券取引所のような取引所を経由せずに売買当事者間で、取引価格、取引数量、受渡方法などを決定する。大量の株式を売買する場合などにマーケットに影響を与えずに取引をおこなうことができる。なお、外国為替証拠金取引においては、投資家は取扱業者と1対1の関係となり、投資家は取扱業者に価格の提示(2way price)を求め、それに対して「売り」「買い」の意思表示をする相対取引の形式をとる。そのため、取引レートは業者によって異なる。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.