裁定取引とは? (Arbitrage:アービトラージ)



金利差や価格差を利用して利鞘を稼ぐ取引。鞘取り(さやとり)ともいわれる。たとえば、同一の銘柄が複数の市場に上場されており、両者の価格が乖離したような場合、その乖離がいずれ修正されるという前提にもとづいて高いほうを売って安いほうを買い、乖離が修正された時点で反対売買をすることによって利益を確定する。つまり、割安な市場で買い、割高な市場で売っておき、価格が調整された後に反対売買をして利益を得るという手法。同一の銘柄だけでなく、価格の変動に連動性がある異銘柄間でもアービトラージは行われる。現物と先物間のアービトラージ、同一先物で異限月間のアービトラージ、異なる市場間でのアービトラージなどがある。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.