原価法とは?
(Cost Accounting Method, Cost Approach, Cost Basis)



資産の評価方法のひとつ。取得時の金額である取得原価で帳簿に記帳し、時価が原価と乖離しても原価のままで評価する。なお、時価が著しく低下した場合は、強制的に低価法が適用される。(強制低価法)






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.