一目均衡表とは?



昭和の初期に一目山人が7年の歳月をかけて作り上げたといわれるチャート分析手法。相場は買い方と売り方の均衡が破れることによって変動するという考え方がベースになっている。時間を分析の中心要素としているのが特徴で、ローソク足のほかに、「転換線」「基準線」「遅行線」「先行スパンA」「先行スパンB」から構成される難解な理論。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.