為替相場決定理論とは?



為替相場の動きを理論づけるもので様々な学説がある。国際貸借の状況により為替の需給が決まるとする国際収支説、自国通貨と外国通貨との購買力の比率によって決定されるとする購買力平価説、思惑・信頼感・人気・予測といった心理的要素によって変動すると考える為替心理説、ある一時点の金融資産の保有高から需給を判断するアセットアプローチなど。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.