現代ポートフォリオ理論とは? (Modern Portfolio Theory)



1950年代以降に発達した理論で、投資家にとってリターンとリスクの効率が最も良くなるようにポートフォリオを組むにはどうしたらよいか、また株式などの資産の期待リターンがどのように決定され、個々資産の価格はどう決まるかといった問題を研究した理論。ハリー・マーコビッツの「平均・分散アプローチ」、ウィリアム・シャープの「CAPM」、β値効率的市場仮説ブラック・ショールズ・モデルなどの理論が含まれる。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.