ポイズンピルとは? (Poison Pill)



直訳すると毒薬。敵対的買収防衛策のひとつで、買収コストを引き上げることで買収を思いとどまらせる手段。数多くの種類のポイズンピルがある。例えば、新株予約権を予め発行しておき、一定の条件が満たされると廉価でそれを行使可能にさせ、買収する側の持ち株比率を下げる仕組みなどが該当する。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.