購買力平価とは?
(購買力平価説、購買力平価論:Purchasing Power Parity Theory, PPP)



為替相場決定理論のひとつで、自国通貨と外国通貨との購買力の比率によって為替レートが決定されるとする理論。たとえば、マクドナルドのハンバーガーは、どの国においても同じ程度の負担額で購入できるべきであり、それが可能になるようなレートに為替は調整されることになる。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.