ランダムウォークとは?
(ランダムウォーク理論、ランダムウォーク仮説:Random Walk Theory)



株価の値動きの予測不可能性を説明する理論で、株価の値動きはどの時点においても上昇と下降の可能性がほぼ同じであり、過去のトレンドやデータによって将来を予測することは不可能であると結論づけている。この理論においては、テクニカル分析の予測には科学的根拠がなくなる。効率市場仮説が根拠となっている。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.