産業再生法とは? (産業活力再生特別措置法)



生産性の改善や不採算部門からの撤退など事業の再構築を支援し、産業活力の早期再生を達成することを目的として1999年に施行された法律。2003年に大幅な改正がなされている。適用をうけた企業は、設備廃棄に伴う欠損金の繰越期間の延長、登録免許税や不動産取得税の軽減、日本政策投資銀行などの低利融資や産業基盤整備基金の債務保証などによる支援、商法上の規制緩和といった恩典を得られる。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.