単元株制度とは?



2001年の商法改正で導入された制度で、一定株数を1単元として、売買や議決権行使をするもの。発行企業が一定株数を自由に設定することができる。1単元に満たない株を単元未満株という。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.