天候デリバティブとは? (Weather Derivatives)



1997年にアメリカで考案されたデリバティブで、一定の気象条件を基準として、事前の取り決めの数値を上回れば(下回れば)補償額が支払われる仕組み。損害の有無が問われないのが損害保険と異なる特徴である。設定される条件としては、気温、温度、降雨量、降雪、台風、霜などがある。






home        |        免責事項


Copyright Quantis,Inc. All rights reserved.